カニ食べ放題のお店は冷凍ものの解凍

今カニの食べ放題をしているお店はたくさんありますが、その安さと旬の時期じゃないのに、なぜ食べ放題ができるの? と思っている方がたくさんいらっしゃると思います。

カニ食べ放題で使われているカニにはそれなりの秘密があるのです。

現在日本ではあまりカニの収穫は昔ほどありません。
乱獲でカニ事態がいなくなってしまっているのです。
では、どこからカニが入ってくるのか。
日本にないものはどこかの国から輸入してくるしかないわけでして。

一概には言えませんが、低価格でカニ食べ放題を売りにしているお店の中には輸入したものを解凍してだしているお店もあります。

しかし現在の冷凍技術は昔と違って荷揚げをしてすぐに船で冷凍するという技術も発展しておりそれほど味にかたよりがあるとは言えません。
または、荷揚げされたカニをその場で茹でてそれを冷凍するといった方法もあります。

どちらのカニが食べ放題向けに卸されているかは、各お店に行って尋ねてみるしかないわけで・・。

高級カニ料理の取扱い店では、お店の中にイケスがあってそこから取ってきて食べ放題用に使っている店もあるかと思いますが、一般的庶民がいく店では、コストの面で冷凍カニを解凍して使っているお店がほとんどだと思います。






恥をかかないシークレットレッスン
復縁 4ステップリカバリー
川村大地 復活愛
よりを戻す 4ステップリカバリー
宮原もとみ アンチエイジング
恋愛家庭教師 セックス

カニを食べる日帰り旅行はバス旅行がお勧め

カニを食べに行くには、やはりバス旅行がお勧めです。
現在、各旅行、バス、鉄道会社ではカニツアーなるものがたくさん企画されています。

バスツアーは今では、日帰りから宿泊コースまで様々で全国各地の旅行会社で企画されており出発地も色々なところがあります。
北海道・東北・近畿・北陸・山陰など・・。
比較的多いとされる関東地方発だけではないのです。

しかし宿泊コースだとお友達と都合をあわせる事が中々できなかったり、ご主人様の仕事の都合で宿泊はちょっと・・・という事が多いと思います。
そんな方にはやっぱり日帰りコースがお勧めです。

いくら日帰りでカニを食べに行きたくても自家用車でわざわざ遠くにいくのもしんどいなど、道がわからないなど様々な問題を抱えている方も多いかと思います。

そんな時は、運転手さんが勝手に現地まで連れてってくれるバスツアーがお勧めです。
しかもバスツアーで行くと、ほとんどが「食べ放題」です。
そしてなにより団体料金が適用されますので激安です。
普通にお店でカニを買って食べると高上がりになってしまいますのでこんなにお得なプランはありませんよね。

価格も各社によって多少の変動はありますが約7000円〜15,000円と自家用車のガソリン費や手間などを考えると非常にお得なプランになっています。





悩み 口臭
口臭 悩み
面接 4点減点法
川村大地 復縁
恋愛家庭教師 シークレットレッスン
口臭

カニの旬の季節

カニの旬についてご存知ない方がほとんどだと思います。
今では輸入もの冷凍もどなどで一年中スーパーなどで
取り揃えてありますものね。

わたしは北海道出身ですが、カニはやはり高級食材でした。
北海道以外の方は北海道人は、カニを安く手に入れて
よく食べていると思っている方もいらっしゃるかもしれませんがそんな事はありません。
北海道人も他の地域の方と一緒でカニは滅多に食べる事ができない食材なのです。

そのカニの旬ですが、何回か人に聞かれた事があります。
よくカニは冬が旬と思っている方がいますが
それは地域やカニの種類によって変わってきます。

北海道の網走、オホーツク海で取れるカニの旬は
4月〜8月頃と春から夏にかけてが一番ミソもつまっていておいしい時期です。
オホーツクでとれるカニの種類ですが、タラバガニ・毛ガニなどがあります。

北海道根室地方で取れるカニの旬は
5月〜9月頃で、カニの種類は主に花咲ガニなどが取れます。

北海道以外の海域でとれるカニの旬は
11月〜翌3月頃でカニの種類は松葉ガニなどになります。
主に、山陰・北陸地方の日本海側で取れるそうです。

他にワタリガニという種類のカニがいますが
このワタリガニも地域よって旬の時期が変わり
関東、甲信越地方では4月〜7月。四国、九州地方では8月〜9月。
中国地方では10月〜1月になっています。






口臭
口臭
口臭
女性を振り向かせる 連絡
ウルトラリベロ 日経225先物
日経225先物



タグ: 季節 食材

カニは生きてるカニを茹でたものではいないと味噌がおいしくありません

カニ味噌は、カニを食べる上で一番の楽しみだと思います。
カニ味噌の味は、とても濃厚で食べ方にもいろんな食べ方があると思います。

お酒をカニの味噌がついている甲羅に入れて燗にして飲むとかそのままお酒を入れて混ぜて飲むんだり、そのままでもとてもおいしく食べる事ができます。
中には、身ではなく味噌だけを食べる方もいらっしゃいます。
そのくらいカニ味噌は美味だという事です。

ですが、カニ味噌は生きているカニを茹でたものでないと
味噌がおいしくないのです。

なぜかと言いますと、カニはとてもストレスに敏感な生き物でカニを運ぶ際にトラックなどでの揺れや振動など周りの色々なストレスで急に身が縮まってしまい、味まで変わってしまうのです。

特に、みなさんがおいしいと言って食するカニ味噌は
酵素活性がとても強くて、鮮度の低下が非常に早いとされています。
ですので、カニ味噌は生きているうちに茹でたほうがおいしいと言うわけです。

産地で浜ゆでしているカニが異常においしく感じるのは
こういう事だったのですね。

元々、カニは海の深いところに生息しているため
水揚げするときに、中には死んでしまうカニもいるそうです。
生き残って揚げられたカニの中でも、輸送し、卸し先に到着する頃には相当ストレスを感じている為、それから茹でても浜ゆでとはまったく違う味になってしまうのです。

こういったことから、カニ味噌は生きたまま茹でるのが一番おいしい食べ方とされています。






大島和也 シークレットコード
大島和也 シークレットコード
女性を振り向かせる メール
先物投資 ウルトラリベロ
日経先物投資 ウルトラリベロ
日経225先物 ウルトラリベロ


おいしいカニはこんなにある

おいしいカニが食べたい季節になりましたね。

カニには色々な種類があって、水揚げされる場所によって
収穫されるカニも様々です。
下記に、日本でよく食されていて、おいしいとされるカニを
書いてみましたので参考にしてください。

【タラバガニ】

体が大きく、甲羅の部分だけでも約25センチで足を伸ばすと1メートル以上になるカニもいます。雌の場合は少し小さく甲羅は約10センチほどです。
足の部分の身の入りがとてもあり、とても食べ応えのあるカニです。
また、雄の甲羅の裏側には「ふんどし」といわれる膜状のものがあり身よりもこちらが好きといった方もいます。

【アブラガニ】

体系は非常にタラバガニに似ている為、一時期テレビなどでも問題になりましたね。ですが、茹でてしまうと味はほぼ、タラバガニと変わりなく食べられることもできます。
本物志向の方にはお勧めしませんが、タラバガニより価格も安くカニなら・・といった方には、いいかもしれませんね。
ちなみにタラバとアブラの見極め方は、甲羅の表部分中心にあるイボイボが6個のものがタラバで4つのものがアブラです。

【毛ガニ】

主に北海道地方でとれるカニで、身の部分も人気がありますがやはり味噌が一番重要視されるカニです。味噌が入ってない毛ガニにあたってしまうととてもガッカリしてしまいますよね?
体の特徴は、体全体に細かい毛が生えています。皮の部分も柔らかくとても食べやすいでしょう。雌の卵もとても好まれているようです。

【ズワイガニ】

ズワイガニは別名「松葉ガニ」「越前ガニ」と呼ばれています。
ズワイガニはとても細長い足が特徴のカニで、簡単にカニの身をほぐす事ができるため、カニ飯などに適しているといわれます。
また、カニ汁などの料理法でも食される事があります。

【ワタリガニ】

甲羅の形がとても特徴的でひし型のような形をしています。
春や夏には身が多い雄、冬は卵、味噌などを持つ雌をたべます。
足の身は少ないですが、付け根部分の身がとても多いです。
味噌の味が非常においしく、食通にはとても人気のあるカニです。







日経225先物
女を落とす 連絡
禁煙
くせ毛 治す
フレームゴールドラッシュ 馬券
大島和也 フレームゴールドラッシュ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。