カニを食べる

おいしいカニはこんなにある

おいしいカニが食べたい季節になりましたね。

カニには色々な種類があって、水揚げされる場所によって
収穫されるカニも様々です。
下記に、日本でよく食されていて、おいしいとされるカニを
書いてみましたので参考にしてください。

【タラバガニ】

体が大きく、甲羅の部分だけでも約25センチで足を伸ばすと1メートル以上になるカニもいます。雌の場合は少し小さく甲羅は約10センチほどです。
足の部分の身の入りがとてもあり、とても食べ応えのあるカニです。
また、雄の甲羅の裏側には「ふんどし」といわれる膜状のものがあり身よりもこちらが好きといった方もいます。

【アブラガニ】

体系は非常にタラバガニに似ている為、一時期テレビなどでも問題になりましたね。ですが、茹でてしまうと味はほぼ、タラバガニと変わりなく食べられることもできます。
本物志向の方にはお勧めしませんが、タラバガニより価格も安くカニなら・・といった方には、いいかもしれませんね。
ちなみにタラバとアブラの見極め方は、甲羅の表部分中心にあるイボイボが6個のものがタラバで4つのものがアブラです。

【毛ガニ】

主に北海道地方でとれるカニで、身の部分も人気がありますがやはり味噌が一番重要視されるカニです。味噌が入ってない毛ガニにあたってしまうととてもガッカリしてしまいますよね?
体の特徴は、体全体に細かい毛が生えています。皮の部分も柔らかくとても食べやすいでしょう。雌の卵もとても好まれているようです。

【ズワイガニ】

ズワイガニは別名「松葉ガニ」「越前ガニ」と呼ばれています。
ズワイガニはとても細長い足が特徴のカニで、簡単にカニの身をほぐす事ができるため、カニ飯などに適しているといわれます。
また、カニ汁などの料理法でも食される事があります。

【ワタリガニ】

甲羅の形がとても特徴的でひし型のような形をしています。
春や夏には身が多い雄、冬は卵、味噌などを持つ雌をたべます。
足の身は少ないですが、付け根部分の身がとても多いです。
味噌の味が非常においしく、食通にはとても人気のあるカニです。







日経225先物
女を落とす 連絡
禁煙
くせ毛 治す
フレームゴールドラッシュ 馬券
大島和也 フレームゴールドラッシュ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。