カニを食べる

カニは生きてるカニを茹でたものではいないと味噌がおいしくありません

カニ味噌は、カニを食べる上で一番の楽しみだと思います。
カニ味噌の味は、とても濃厚で食べ方にもいろんな食べ方があると思います。

お酒をカニの味噌がついている甲羅に入れて燗にして飲むとかそのままお酒を入れて混ぜて飲むんだり、そのままでもとてもおいしく食べる事ができます。
中には、身ではなく味噌だけを食べる方もいらっしゃいます。
そのくらいカニ味噌は美味だという事です。

ですが、カニ味噌は生きているカニを茹でたものでないと
味噌がおいしくないのです。

なぜかと言いますと、カニはとてもストレスに敏感な生き物でカニを運ぶ際にトラックなどでの揺れや振動など周りの色々なストレスで急に身が縮まってしまい、味まで変わってしまうのです。

特に、みなさんがおいしいと言って食するカニ味噌は
酵素活性がとても強くて、鮮度の低下が非常に早いとされています。
ですので、カニ味噌は生きているうちに茹でたほうがおいしいと言うわけです。

産地で浜ゆでしているカニが異常においしく感じるのは
こういう事だったのですね。

元々、カニは海の深いところに生息しているため
水揚げするときに、中には死んでしまうカニもいるそうです。
生き残って揚げられたカニの中でも、輸送し、卸し先に到着する頃には相当ストレスを感じている為、それから茹でても浜ゆでとはまったく違う味になってしまうのです。

こういったことから、カニ味噌は生きたまま茹でるのが一番おいしい食べ方とされています。






大島和也 シークレットコード
大島和也 シークレットコード
女性を振り向かせる メール
先物投資 ウルトラリベロ
日経先物投資 ウルトラリベロ
日経225先物 ウルトラリベロ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。